ホーム > 法要と式

法要と式

法事・法要

一般的に私たちは「法事」または、「年忌」と言います。僧侶が読経をし、法話をします。
法事は故人を縁として近しい人たちといのちの尊さを確認する場です。
仏教では法事を行う日が定められており、死後七日ごとに四十九日まで行う七七日法要と、一周忌、三回忌、七回忌、十三回忌などの年忌法要(ねんきほうよう)です。

初七日・三十五日・四十九日・墓前供養

●初七日
没後最初の忌日となり、近親者、親戚、友人などを招き僧侶が続経します。最近では火葬の後、環骨法要につづき繰り上げ初七日として執り行われる事が多いです。
葬儀式直後にする地域もあり、全国的にその方式に変わりつつあります。

●五七日(35日)(忌明法要)
地域によっては五七日(35日)が忌明けになる場合があります。そのため五七日を忌明けとする地域では、初七日と同様に近親者、親戚、友人などを招いて手厚く供養します。

●七七日(49日)(忌明法要)
一般的に七七日が忌明けとされております。近親者、親戚、友人などを招き寺院などで行うケースが多く、大切な区切りとし盛大に法要(法事)を営み、その後、納骨法要(納骨式)を行います。
その他、百ヵ日法要もあります。
対応地域は、名古屋、岡崎、豊田、豊橋はもとより愛知県内及び近隣地域

●墓前供養
建碑・納骨法要、お盆・お彼岸法要、墓前一周忌法要などがあります。
当寺は、岡崎市営墓苑まで自動車で5分の距離にあります。

年忌法要

年忌法要は、年回法要ともいい、一般的に法事と呼ばれているものです。
亡くなった年の翌年に営まれる一周忌は、初めての祥月命日の法要です。特に重要な年忌法要とされています。一周忌の翌年の2年後が三回忌です。以後、命日から数えて満6年目に営まれる七回忌、同じように十三回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、五十回忌とつづきます。

※対応地域は、名古屋、岡崎、豊田、豊橋はもとより愛知県内及び近隣地域

年忌法要の営み

年忌法要の営み

◆年忌法要当日までの準備◆
1.まず、法要を営む日を住職と相談をして決めます。
2.次に、法要を営む場所を自宅、お寺、あるいは斎場で行うかを決定します。
3.日取り、場所が決まったら、招待客を決め、1ヵ月前には案内状を送り、返事をいただきます。参列者の人数が確定後、会食、引き出物を用意します。
4.年忌法要当日…法事の際に、施主は略礼服を着用し、数珠を持参しましょう。


◆年忌法要はいつまで続けるのか◆
一周忌と三回忌は一般的に、ひとりの法要を営みます。同じ年に法要が重なった場合、七回忌以降はまとめて法要を営むことが多くなってきています。法要を行う日はあとに亡くなられた故人の命日に合わせ、案内状には誰と誰の法要かを必ず明記します。
年忌法要は、三回忌までは家族や親族の他に故人と縁のゆかりのあった方々を招きますが、七回忌以降は徐々に招く人を少数に絞っていく場合が多いです。
年忌法要の回数は、一般的には五十回忌をもって、最後の法要の「弔い上げ(問いあげ)」とする場合が多いです。

仏前結婚

仏前結婚

新郎新婦が、結婚することを仏とご先祖に報告する趣(おもむき)ある結婚式です。
この「縁」を親や親族を含めた先祖に感謝することでお互いの縁を大切にする心を持ち続けよう、という考えで結婚式を行います。
ご相談いただければ宗派や宗教に関係なく、仏前結婚式をおこないます。

新着情報

一覧を見る

アクセス


大きな地図で見る
■所在地
〒444-0002 
愛知県岡崎市高隆寺町本郷31番地
■最寄施設
岡崎市民病院
■駐車場

お問い合わせ 詳しくはこちら